ベトナムの投資ビザ

こんにちは、行政書士法人IMSのトゥァンでございます。

 投資家ビザ(DTビザ)は、外国人投資家がベトナムの経済組織に資本拠出、事業設立などの形で投資するために付与されるビザの一種です。原則によれば、投資ビザはベトナムに資本を投資して、ベトナムにおける経済組織の株購入や会社設立する外国人国籍持つ個人・組織。投資家は、ベトナムの管轄国の機関によってベトナムへの外国投資のステータスを認定されています。

 投資ビザ申請に関する必要書類

  • ベトナム法人の企業登録証明書・投資登録証明書
  • 印鑑登録証明書。
  • NA16フォーム、ベトナムにおける事業を行う企業の法定代理人の印鑑と署名の登録。
  • NA5フォーム、ベトナムにおける、外国人に対し査証申請、ビザ期間更新等のフォーマット。
  • 有効なパスポート
  • 規定による住居登録等

投資ビザ申請受付機関。

投資ビザを取得する前に、入国許可を取得しなければならない、入国許可を取得後下記の管轄機関にて投資ビザ申請が出来ます。

  • 在外公館、ベトナム社会主義共和国大使館。
  • ベトナムの国際空港(ノイバイ空港、タンソンニャット空港、ダナン空港等。)
  • 国際境界門。

 ベトナムの投資ビザの有効期間、投資金額によって交付された機関が異なりますが、投資家が長期的な投資の場合は、5年までのTRCを申請することができます。

以上、ベトナムの投資ビザをご紹介いたしました、詳しくは気軽に弊社へお問い合わせください。